よくある質問

HLP資格の種類

Q1. 個人で活動していますが、どのように資格取得をすればよいですか?
個人で活動されている場合は、HLP一般型個人資格(パーソナル)を取得していただきます。
取得方法は、インターネットからの申し込みのみとなっております。

『受講のお申し込み』から手続きをお願いいたします。
Q2. 住宅建築会社に勤務していますが、どのように資格取得をすればよいですか?
勤務されている会社が、一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(以下JTI)に協賛されている場合は、HLPビジネス資格を取得していただきます。
JTI協賛社員に所属している住宅建設会社に勤務されている場合は、HLP一般型団体資格を取得していただきます。

詳しくは、『一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 認定ビジネス資格』http://www.jti-hlpb.jp/をご確認ください。
JTI協賛社員については、JTIのホームページでご確認ください。 http://jt-i.jp/sponsor/index.html
Q3. 不動産会社に勤務していますが、どのように資格取得をすればよいですか?
勤務されている会社が、JTIに協賛されている場合は、HLPビジネス資格を取得していただきます。
JTIの『マイホーム借上げ制度』賃貸管理業務をしていただくための資格となりますので、HLP一般型個人資格(パーソナル)又はHLP一般型団体資格を取得されている場合でも、新たにJTIでのHLP講習会(賃貸管理業務実務講座)へのご参加をお願いしております。

詳しくは、『一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 認定ビジネス資格』http://www.jti-hlpb.jp/をご確認ください。
JTI協賛社員については、JTIのホームページでご確認ください。 http://jt-i.jp/sponsor/index.html
通信教育講座・認定試験 <HLP一般型個人資格(パーソナル)>

Q1. 学習期間はどれくらいですか?
2ヶ月間の学習を目安としています。HLPの養成研修ならびに認定試験、継続学習等については、『財団法人 高齢者住宅財団「住替支援事業説明員指導要領」(以下、指導要領という)』に基づいて制定されています。
Q2. 認定試験だけを申し込むことはできますか?
指導要領において、15〜20時間の研修が義務付けられているため、認定試験だけのお申込みはできません。ただし既に受講されており、修了記録がある方については、修了記録取得から3年以内なら再受講することなく再受験が可能です(認定試験料は必要)。
Q3. テキストだけ購入することはできますか?
テキストのみの販売はしておりません。ただし再受験者であることが確認された場合は分売価格にてご購入できます。
Q4. レポートは必ず提出しなければいけませんか?
指導要領において、15〜20時間の研修が義務付けられています。レポートはその学習効果を測定・確認するためのものになりますから、必ず提出してください。
また、レポートの提出はWEB経由で実施され、受講開始登録から1年以内なら提出・採点は何度でも行えます(最高記録が保持されます)。
Q5. 試験会場を指定できますか?
受験開催都市は選択できますが、試験会場は選択できません。
試験会場は試験日1週間前に届く受験票にてご確認をお願いします。
Q6. 受験資格を教えてください。

HLP養成講座の受講者で下記の条件を満たす方が対象になります。

  1. 受講開始登録をしていること
  2. 受験申込・受験希望都市の予約が完了していること
  3. 認定試験料の支払いが完了していること
詳しくは、こちらをご確認ください。↓↓↓
このページの先頭へ